【旅行記】卒業旅行18 非リア充の僕が、アルメニアの首都エレバンで中国人のお姉さんとデートした話(河出書房新社)

希望の部署だったら、どれだけ幸せな人生だったろう。



[Day18]

f:id:daigo520:20210930181740j:plain

最近になってようやく「世界の町で朝メシを喰う」の名に恥じない記事を書けるようになりました。
ブログの趣旨的には街角の食堂とかベーカリーの方がそれっぽいのでしょうが、旅行者的には宿で朝メシ食える方が助かります・・・

メニューはパンにチーズに目玉焼き、そしてコーヒーとシンプル・イズ・ザ・ベスト。
イランのナーンは冷めると結構食べるのがしんどくなってくるので、やっぱり僕はこのタイプのパンの方が好きかもしれません。




f:id:daigo520:20210930182225j:plain

明日からいったんエレバンを離れてアルメニア南部のゴリスという町に行きます。

体力温存のため、今日はエレバン市内を軽く散歩するくらいにしておきましょう。




f:id:daigo520:20210930182341j:plain


f:id:daigo520:20210930182355j:plain


f:id:daigo520:20210930182407j:plain

街の雰囲気がとっても解放的です。

良くも悪くも刺激が強かったイランと比べて、心からリラックスして街歩きができています。




f:id:daigo520:20210930182522j:plain

蚤の市で好みの品を物色するサン・サン。




f:id:daigo520:20210930183038j:plain

アルメニアが属するコーカサス地方は民族的・文化的にとっても面白い地域だと思います。

基本的には旧ソ連なので多くの点においてロシアと似ているけど、アジア的な要素も垣間見れるし、でも極東地方ほどはアジアには寄っていない。そんな感じ。




f:id:daigo520:20210930183334j:plain

アジアだヨーロッパで白黒つけず、まさにコーカサス地方の呼称が適切なのかもしれませんね。




f:id:daigo520:20210930183711j:plain

僕がエレバンを気に入った理由の一つは、食事がとってもしやすいこと。
フードカートあり手頃な食堂ありで、選択肢も豊富。

探し方が悪かったのかもですが、イランではどうしもケバブやファストフードに偏ったので・・・




f:id:daigo520:20210930184053j:plain

そして食費も安い!
イランには敵いませんが、ほぼ東南アジア並。

宿代に関してはむしろイランよりはるかに安いです。




f:id:daigo520:20210930184205j:plain

アルメニアは中国と仲良しの国なので、中国から贈呈された中古バスが街を走っていました。





f:id:daigo520:20210930184346j:plain


f:id:daigo520:20210930184517j:plain

エレバンいいっすねー




f:id:daigo520:20210930184541j:plain


f:id:daigo520:20210930184608j:plain


f:id:daigo520:20210930184702j:plain

エレバンはアートの街。
ギャラリーや美術館が多く、街の至る場所に銅像や展示が配置されています。




f:id:daigo520:20210930184800j:plain

アートが好きなサン・サン。




f:id:daigo520:20210930184827j:plain


f:id:daigo520:20210930184841j:plain


f:id:daigo520:20210930184903j:plain

エレバンのカスケードは市内を見渡せる人気スポット。

周辺にはギャラリーや銅像も多く、ここを拠点に街歩きするのも楽しいかもしれませんね。



f:id:daigo520:20210930185113j:plain

何でも太らせることで有名な人の作品だったはずですが、名前が思い出せません。




f:id:daigo520:20210930185152j:plain

雨が強くなる前に観光を済ませたいので、ランチはフードカートでサクッと済ませましょう。




f:id:daigo520:20210930185237j:plain

学校帰りのキッズ達。



f:id:daigo520:20210930185257j:plain

突如現れたジャップに興味津々のご様子です。




f:id:daigo520:20210930185324j:plain

ぶっといソーセージのホットドッグ!
シンプルだけど安くて旨くてボリュームあって最高!




f:id:daigo520:20210930185409j:plain

バス待つのがだるくなったのでタクシーで移動します。





f:id:daigo520:20210930185445j:plain

ツェツェルナカベルト(アルメニア虐殺記念館)までやって来ました。
エレバン市内を見渡せる丘の上にあります。



f:id:daigo520:20210930185519j:plain

普通に観光する分には安全なアルメニアですが、実はナゴルノ・カラバフという土地を巡って今なおアゼルバイジャンとバチバチやっています。
ニュースになったので見た方もいるかもしれませんね。


また歴史的背景からトルコとの仲も大変悪く、未だに国境は閉鎖されたままです。



f:id:daigo520:20210930190241j:plain

この記念館は、かつてコーカサスを支配したオスマントルコによる虐殺の様子を展示し、またその犠牲者を偲ぶ施設となっています。





f:id:daigo520:20210930190545j:plain

いつものように説明がほぼないのはお許しください。




f:id:daigo520:20210930190616j:plain


f:id:daigo520:20210930190631j:plain


今年に入り、バイデン大統領がトルコによる大量虐殺を「認定」したみたいですね。





f:id:daigo520:20210930192746j:plain

アンネ・フランク的な立ち位置の人だと推定。





f:id:daigo520:20210930192839j:plain

むむ、雲行きが怪しくなってきましたね。





f:id:daigo520:20210930192917j:plain

oh・・・




f:id:daigo520:20210930192942j:plain

中国の抗日博物館でもこんな展示をよく見ました。

まぁこの手の施設は「正史」を後世に伝えるのと同じくらい、諸外国に対するプロパガンダ的な役割を担っているでしょうし、過激な展示も止む無しかもしれません。





f:id:daigo520:20210930193143j:plain

ネットで情報見つけられなかったので詳しくは書きませんが、報復としてアルメニア側もそれなりの数のトルコ人を殺した事実もあると聞きました(間違っていたら本当にごめんなさい)

当事者ではない筆者に物を言う資格はありませんが、今後は一般市民に被害が及ばないことを祈るばかりです。





f:id:daigo520:20210930193359j:plain

ふもとのショッピングセンターからバスに乗り市内に戻って来ました。




f:id:daigo520:20210930193436j:plain

本当にアートが多いですね。




f:id:daigo520:20210930193452j:plain

地元民に声をかけられたので記念撮影。

実年齢より−10は若く見えるサン・サンは、僕の中国語の発音に厳しいです。




f:id:daigo520:20210930193542j:plain

平素からブログを読んでくださっている方は、
「童顔好きって言ったりボーイッシュが好きって言ったり、相反してないか🤔」
と思うかもしれませんが、大学時代は童顔が好きだったと答えます。

人は・・・変わるものよ。
それか・・・その前に死ぬかの二つ・・・





f:id:daigo520:20210930193807j:plain

「ナルトを激励するオビト」のような気分で、この記事を書いています。





f:id:daigo520:20210930193903j:plain

エレバン市内の小洒落たレストランで夕食。

写真に写っているのはお隣ジョージア名物のヒンカリです。
ジョージア風小籠包などとよく言われますが、揚げたタイプを見たのはこのレストランだけだったかも。

言うまでもなくビールに合います。
気軽に酒を飲める幸せ。




f:id:daigo520:20210930194115j:plain

こちらは周辺国で広く食べられているドルマ

葡萄の葉で米と肉を包んだ物とヨーグルトソースという、日本人的には食べ慣れない組み合わせの料理ですが・・・旨い!




f:id:daigo520:20210930194218j:plain


f:id:daigo520:20210930194226j:plain

安食堂よりワンランク上のレストランですが、それでも二人で2000円くらいと格安。

アルメニア、最高です。




f:id:daigo520:20210930194321j:plain


f:id:daigo520:20210930194333j:plain

共和国広場で夜景をしばこうと思って来ましたが、雨により断念。また後日ですね。




f:id:daigo520:20210930194406j:plain


f:id:daigo520:20210930194419j:plain

政府関係の建物を撮影するのを躊躇う僕を、「意外と臆病なのね(笑)」と嘲笑うサン・サン。




f:id:daigo520:20210930194516j:plain

宿に戻ったらスタッフと会話したり



f:id:daigo520:20210930194549j:plain


f:id:daigo520:20210930194603j:plain


f:id:daigo520:20210930194616j:plain

リビングで談笑したりネットしたりと思い思いの時間を過ごしました。



いやー。
アルメニア楽しすぎますね。

早朝からの移動に備えて早めに就寝、明日からの冒険にワクワクが止まりません。



Best regards,

ベアー大熊