【旅行記】雲南省⑥香格里拉を死ぬ気で観光する

[旅行6日目]

リアルタイムでは仕事で実に腹立たしい誤解を受けたので、テンション低めの日記となります。


まぁこの日は体調不良もありそもそも観光のモチベーションも上がらなかったのですが。



f:id:daigo520:20210517190548j:plain

村に旅立つ友人を見送ってから観光スタート。

頭痛、強烈な眠気、倦怠感と明らかに高山病の症状のオンパレードですが、「せっかくの旅行だから観光するぜ!」と当時の僕は張り切っていたようです。


f:id:daigo520:20210517191137j:plain

ちなみに、wiki先生によると香格里拉市の標高は約3100m。
地球の歩き方にも、香格里拉で高山病になった人の投稿がありました。

昆明市が1900m、麗江市が2400mなので、中国6日目とはいえ高度順応に手こずった可能性がありますね。
特に海外旅行中は決して無理はしないでください。
お兄さんとの約束だぞ〜



f:id:daigo520:20210517192056j:plain

さて、雲南省はチベット文化圏ですが、香格里拉は特にチベットの文化が色濃かった印象です。

写真は、風が吹くと徳を積めると信じられている宗教旗のタルチョと、仏教建築の覆鉢式塔ですね。



f:id:daigo520:20210517193044j:plain

香格里拉は大火事の被害を受けたこともあり、少々寂れた雰囲気。



f:id:daigo520:20210517193147j:plain

まずは香格里拉のシンボルたる世界一デカいマニ車を見学します。

マニ車はチベット仏教の道具で、1回まわすと内蔵された経や真言を1回唱えるのと同じ効果を得られるとされています。


f:id:daigo520:20210517194145j:plain

f:id:daigo520:20210517194159j:plain

皆さん頑張ってまわしていますね〜



f:id:daigo520:20210517195409j:plain

丘からの風景も美しいです。



f:id:daigo520:20210517201920j:plain

観光の中心たる独克宗古城。
火事がなければもっと栄えていたのだろうと、想像するにあまりあります。


f:id:daigo520:20210517194804j:plain

お土産屋やレストランなど並んでおり観光客で賑わっています。



f:id:daigo520:20210517194832j:plain

昼飯。

この時は体調が悪く、刺激の強い中華料理は避けようとした痕跡がありますねww



f:id:daigo520:20210517194955j:plain

食後はバスに乗って郊外の見どころへ。

留学前の筆者は0.4点差で留年を回避するくらいには劣等生でしたが、留学によってだいぶ鍛えられました。

中国語が話せなかったらバス乗り場すら探せなかったでしょう。


f:id:daigo520:20210517195028j:plain

松赞林寺
香格里拉市の観光ハイライトです。

チケットセンターで路線バスを降りたあと、観光用のミニバスに乗り換えます。




f:id:daigo520:20210517195712j:plain

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

ここまで広大な宗教建築を見るのは久しぶりです!
個人的にはアンコールワットに並びます。



f:id:daigo520:20210517195837j:plain

それではみっちり見学しましょう。



f:id:daigo520:20210517195925j:plain

松赞林寺はダライ・ラマ5世によって建てられたゲルグ派の寺院です。


f:id:daigo520:20210517200339j:plain

文化大革命の被害を受けたため、再建が進められています。


f:id:daigo520:20210517200605j:plain

現役の寺なので修行僧の方もいらっしゃいますが、空気を読んで写真はなし。



f:id:daigo520:20210517200653j:plain

空が美し過ぎる・・・

ちなみに松赞林は「神の遊び場」って意味だとか。



f:id:daigo520:20210517200759j:plain

チベット仏教の念仏って、厨ニ心をくすぐりますよね・・・



f:id:daigo520:20210517200855j:plain

こういう荒れた場所もありますが、ここがテーマパークではなくあくまで修行・日常を送る場ということが分かるので良き。


f:id:daigo520:20210517200946j:plain

f:id:daigo520:20210517200957j:plain

帰りのミニバスが来るまで水辺で休憩します。


f:id:daigo520:20210517201025j:plain

体調はだいぶしんどいですが、ここには本当に来て良かった。
いつか再訪したい。



f:id:daigo520:20210517201118j:plain

宿まで戻って来たので、少し休憩してから夕飯を食べに行きましょう。

宿のベッドは電気毛布で快適過ぎる・・・


f:id:daigo520:20210517201214j:plain

f:id:daigo520:20210517201224j:plain

この日の夕飯はなんとピザです!

チベット文化圏まで来て当時の僕は何をしているんですかねwww

味は日本で食べるのと遜色ないくらい美味しいですが、大食漢の僕が小さめのピザ1枚で満足しているので本当に体調が悪かったのでしょう。


何だかんだ過去一、旅行記っぽい記事となりましたね(笑)

次の記事は郊外の湖に突撃する話となります。