【旅行記】雲南省⑤絶望の虎跳峡トレッキング 後編

[旅行5日目] 

f:id:daigo520:20210516175316j:plain

まだ薄暗いうちに起床。 

山独特の湿った空気が少し不快ではありますが、高地ということもありトータルでは実に爽やかです。

 

f:id:daigo520:20210516180155j:plain

朝食。

チキンサンドウィッチとミルクティーを頂きました。

 ちなみに、写真に映っている宿のロゴ入りマグカップをお土産として購入したのですが、留学が終わって帰国する時に住んでいたアパートに置いてきてしまいました (´;ω;`)

 

f:id:daigo520:20210516180304j:plain

 

一息ついてから出発。

もう2日目ですが、この素晴らしい絶景にはまだ慣れそうにありません。

 

f:id:daigo520:20210516180338j:plain

 サングラスが厳つい友人。 

f:id:daigo520:20210516180640j:plain

5年前の筆者。当時もたいがいデブでしたが、今と比べると痩せてますね・・・

f:id:daigo520:20210516180719j:plain

 家畜の移動中。 山の生活って感じがして良き。 

f:id:daigo520:20210516180801j:plain

恐らく当時の僕があまりFacebookに写真を格納しなかったせいで、いきなり休憩の写真に飛んでしまいます。

ミルクティーをしばきながら一服。

f:id:daigo520:20210516180855j:plain

ところで、このハーフウェイ・ゲストハウスは、渓谷を眺めながら用を足せる「絶景トイレ」が名物です。

写真ではよく分かりませんかね?

f:id:daigo520:20210516181536j:plain

 

f:id:daigo520:20210516181606j:plain

昨晩の茶马客栈のように、この宿も立体的な空間が広がっています。

f:id:daigo520:20210516181637j:plain

今回は1泊2日の旅程となりましたが、こうした山の宿で1日のんびりするのも良いかもしれませんね。 読書が捗りそう。

f:id:daigo520:20210516181730j:plain

幸せな時間は長くは続きません。 トレッキング再開です。

f:id:daigo520:20210516181822j:plain

両足・両腕・両脇腹をいっぺんに攣りました。

f:id:daigo520:20210516181908j:plain

俺のことは置いて先に行け!」というセリフを本当に言う日が来るとは思わなかった。

中国人女子が荷物を持つと言ってくれましたが、流石にそれは全力拒否。

友人がいなかったら持ってもらってた 

f:id:daigo520:20210516181947j:plain

 

f:id:daigo520:20210516182013j:plain

こんな場所を歩いたことが今でも信じられません。 

f:id:daigo520:20210516182059j:plain

 

トレッキング開始から約24時間、ようやくゴール地点のゲストハウスに到着です!!!

f:id:daigo520:20210516182237j:plain

 

シンプルな中華なのですが、疲れた身体に染み渡ります。

この世のものとは思えぬ旨さ。

 

f:id:daigo520:20210516182333j:plain

さて、ここは虎跳峡の中でも中虎跳峡というエリアです。

宿の近くでこんな絶景も見れますし、バスが来るまでコーヒー飲みながらゆっくりしましょう。

中国人・韓国人・友人「時間あるしあの青いところまで行ってみようぜ!!」 

 

f:id:daigo520:20210516182420j:plain

理外の延長戦っ・・・!

f:id:daigo520:20210516182502p:plain

この川までの道ですが、これまでの軌跡が可愛く見えるほどの急勾配。

 

f:id:daigo520:20210516182551j:plain

命の危機を感じますね・・・

さて、昨日からの疲れで筆者のこのあたりの記憶は飛んでいます。

後日、友人から送られてきた写真はこちら。

 

 

 

f:id:daigo520:20210516182702p:plain

ゾンビかよ・・・

f:id:daigo520:20210516182753j:plain

最後の力を振り絞って無事にバスに間に合いました。

僕らと韓国人は香格里拉へ。

中国人2人組とはここでお別れです。

本当に、本当にありがとう。 良い思い出になりました。

f:id:daigo520:20210516182823j:plain

夕方前に香格里拉に到着。

本来なら宿にチェックインした後、韓国人と合流してヤクの鍋を食べに行く予定でしたが、ここに来て体調不良が深刻化してきました。

 

もしかしなくても高山病に片脚突っ込んでますね。

 

なので僕は宿に残って休養することに。

 

f:id:daigo520:20210516182947j:plain

少し寝たら体力が回復したので、近くのバー・レストランへ。

ヤクだか普通の牛かは忘れましたが、とにかくステーキを食べてエネルギー補給を図ります。 味はまずまず。

 

f:id:daigo520:20210516183016j:plain

この赤いネオンがいかにも中国地方都市、といった感じです。

 

さて、本来なら香格里拉で一泊した後、友人の知り合いに会うためにもっと山奥の村に行く予定でした。

 

しかしながら、先に書いたように体調がちょっと不安なのと、せっかく香格里拉に来たのだから観光したいということで、翌日から2日間は別行動。 

僕は香格里拉に残ることにしました。

 

次の記事から香格里拉編です。