【宿情報】Doo-baki Guesthouse(慶州)

慶州で宿泊したDoo-baki Guesthouseを紹介します。


筆者はブッキングコムの会員ランクが3なので、予約時には常時ある程度の割引が適用されます。

使う予約サイトやその会員ランク、また宿泊日によって、多少料金は変わると思うのでご留意ください。

※1ウォン≒0.11円

Information

宿泊日
2024年3月16日〜2024年3月18日 (2泊)

住所 
76 Hwarang-ro, Seobu-dong, Gyeongju-si, Gyeongsangbuk-do

宿泊料金
・ドミトリー 21500ウォン
※ブッキングコムから予約時の料金

予約
ブッキングコムドットコム、agodaなど

レセプション
チェックイン  15時〜22時
チェックアウト 〜11時

Wi-Fi
部屋ではあまり使い物にならない、共有リビングでは◎

アクセス

慶州バスターミナルから/路線バスで

慶州へのアクセスは、鉄道よりバスがおすすめ。

新設された新慶州駅から市内までバスで50分ほどの距離なので、町中にあるバスターミナルの方が使い勝手が良いです。

釜山から来る場合、バスターミナルの目の前の路上で降ろされます。


市内バスの多くがバスターミナルを始発としています。

宿の最寄りバス停までは距離から考えて恐らく5分ほど。


バス停の様子やグーグルマップの経路を見るに、バスターミナル側の車線のバス停は下車専用(終点)で、始発バスのバス停はバスターミナルの裏に回り込む形になると推測します。


韓国ではグーグルマップが上手く機能しないので、路線を調べるのはかなり面倒です。

グーグルで調べた路線・番号のバスが延々と来ないなんてことはザラにあります。


路線案内に書いてあるQRコードを読み込み、市内バスのホームページで検索するのが一番おすすめ。日本語サポートはありませんが、翻訳機能で十分いけます。

路線案内に書いてない番号のバスが通ったりもするので、信用度では路線案内<ホームページです。

国立博物館や旧慶州駅といった、ランドマークの名前をハングルで覚えておくと良いですね。


国立博物館→국립경주박물관
旧慶州駅→경주역
仏国寺→불국사


ゲストハウスの最寄りバス停は、대구은행です。


写真がバス停。

バスターミナルから移動の場合、대구은행で降りたら進行方向に少し歩くと到着です。


仏国寺や国立博物館から戻って来る時は、バス停は宿ほ反対車線になります。

慶州バスターミナルから/徒歩で

筆者は徒歩移動。

寄り道しなければ15分ほどで宿まで着きます。


バスターミナル前のGangbyeon-roを北上します。

釜山から市外バスで慶州入りした場合は、バスを降りたあと進行方向に歩き続けます。


歩き始めてすぐ、写真の建物(ホームセンター?)があり、妙にリアルな動物の置物が存在感を放っています。


ここは直進。

右折してこの味のある裏道を歩きたくなりましたが、まずは宿に行くことを優先しました。


旧ソ連みのあるアパートを右に見つつ、さらに直進。


写真の場所まで来たら、道なりに右折してHwarang-roに入ります。


Hwarang-roを直進します。

Gangbyeon-roは郊外の幹線道路の趣きなので、Hwarang-roに入るとようやく町になってきます。


釜山に比べると明確に「地方都市」の雰囲気が漂います。


また同じ古都でも、メインステーションの周りにオフィスビルや商業ビルが並ぶ京都とは異なり、素朴な町並みです。


Hwarang-roをしばらく歩くと中央市場があります。


中央市場前の交差点を渡ります。少し歩くとバス停「대구은행」があるので、目印にしてください。

宿のロゴも相当目立つので、Hwarang-roを歩いていればまず見落とすことはありません。


ちなみに宿には入口が2つあり、Hwarang-roと平行に伸びている裏道からでも入館できます。

宿の造り的に、むしろこっちの方がメインの入口として扱われているようです。


↑下町感の漂う裏道


↑裏道側の入口 

22時以降はパスコードを打ち込んで入ります。

主な観光地までのアクセス

大陵苑(テヌンウォン) 徒歩20分


東宮と月池 600番バスや10番バスで15分ほど


東宮と月池は、ご近所の国立博物館とセットで観光するのがおすすめです。


郊外にあるこれらの観光地ですが、頑張れば宿から歩いて行けます。宿から大陵苑と、大陵苑から「東宮と月池」が大体同じくらいですかね。


仏国寺 10番/11番バスで40分ほど


宿の最寄りバス停の대구은행はほぼ宿の目の前ですが、ここまで挙げた全ての路線が대구은행を通ります。

部屋

宿泊した4ベッドのミックスドミ。


他のゲスト3名は西洋人で、夜中まで談笑していたのが少し気になりましたが・・・

ただカーテンを下ろしたら静かにしてくれたので、まだ常識のある人たちで良かったです。


日本/韓国/台湾は東アジアの同胞として感性が似ているのか、多くのゲストハウスのドミはカーテン付きです。

なのでヨーロッパやニュージーのバックパッカーズに比べると、女性でもストレスなく泊まれるんじゃないかと。


充電は枕元に。CタイプのコンセントだけでUSBポートはありません。

他、バスタオルが支給されるのも嬉しいポイントです。


風呂とトイレはドミの中にあります。

木目調のバスルームは結構珍しいですね。


トイレは他に地下の共用リビングにもありますが、足も伸ばせないくらい狭かったので、僕はなるべく部屋のトイレを使うようにしていました。

共用スペース&サービス

レセプションは基本的に中国人ボランティアの男の子と、国籍不詳の女性で切り盛りしていました。

中国人の彼は結構フレンドリーで、久しぶりに中国語で会話できて楽しかったです。


ちなみに宿泊客の多くは西洋系でした。

慶州はソウルや釜山に比べ、明らかに西洋系の観光客が多い印象。仏教に興味のある人が集まって来るのでしょうか。

町中でも、韓国人×西洋系のカップルがやたら目につきました。人種系のネタはデリケートなので深掘りはしません。


カウンター席の充電ケーブルは自由に使えます。
(部屋に持って帰るのはダメ)

ランドリーサービスは8000ウォンくらいだったと思います。


キッチン&ダイニング、朝食はここで提供されます。

フリードリンクはお茶と、フィルタータイプのコーヒーがありました。


地下の共用リビングはかなり広いです。


フローリングスペースでは、韓国人ファミリーの子どもたちがテレビゲームに興じていました。

ボドゲやマンガもあるしゴロゴロできるので、ここには常に誰かいた気がします。


タバコは裏道側の入口で吸えます。
地味にソファがあって快適。


↑看板猫

食事

8時〜10時まで無料朝食が食べられます。

トーストとシリアル、牛乳&ジュースと簡単な内容で、僕は韓国料理が食べたかったのでパスしました。

周辺環境

コンビニは旧慶州駅に行く途中、また古墳公園への周辺にたくさんあります。


旧慶州駅までは徒歩15分ほど。

Gangbyeon-roからHwarang-roが伸びていて、その終点が旧慶州駅です。


ローカルな飯屋は中央市場や旧慶州駅の周辺に多いです。

韓国の飯屋はお一人様にやや厳しいところがあるので、一人旅なら市場の食堂で食べるのもおすすめです。

朝からやっている食堂も多く、心強い限り。


市場の食堂は夜は19時くらいにラストオーダーですが、フードコートゾーンは夜遅くまで地元客で賑わっています。

キンパや惣菜、ケバブなど選択肢も多そうでした。

コメント

相変わらずダラダラ書いてしまいましたが、少しは雰囲気など伝わりましたでしょうか。

とにかく、主要観光地までのバスでのアクセスが抜群に良いです。これだけで泊まる価値があります。