パスポートセンター本所(横浜)でパスポートの切り替えをしてきた

先日ブログに書いた件、この度めでたく新パスポートを手に入れたので、その手順を備忘録として記事に残したいと思います。

横浜近辺で活動されている神奈川県民向けの記事となりますが、どうぞご覧ください。

○そもそもパスポートの切り替えって?

何らかの理由で継続使用が困難になった場合、新たなパスポートへの切り替え申請をすることになる。

氏名が変わった場合、有効期限が残り一年を切った場合、増強してそれでもページが足りなくなった場合、そしてパスポートを損傷した場合などだ。


この損傷は、例えば犬に噛まれてページがビリビリになっちまった!や、僕のように液体を溢してパスポートを汚してしまった!状態を指す。

○神奈川のパスポートセンター

神奈川でパスポート受付・発給業務を行っている窓口(出張窓口など含む)は10箇所あり、基本的に自分の住んでいる市町村を管轄している窓口を頼る。

僕は藤沢市民なので、藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町を管轄する湘南パスポートに行くのが本来の流れ。


一方、横浜にある本所では「横浜に通学・通勤している」神奈川県民も受け入れており、ちょうど会社が横浜にあるので今回は本所で申請してきた。

※パスポートセンターのスタッフの方曰く「特に条件はなく神奈川県民ならみんな本所で申請できる」とのことだが、申請のためにわざわざ横浜まで行くなら自分の地域で手続きした方が良いだろう。

○Information

[住所] 
神奈川県横浜市中区山下町2
産業貿易センタービル2階

[電話番号]
045-222-0022
※本所の電話番号というよりはパスポートセンターの統括電話的な立ち位置だと思われる

[窓口対応時間]
①申請
月・木・金 9時〜16時45分
火・水   9時〜19時

②受け取り
月・木・金・日 9時〜16時45分
火・水     9時〜19時

[休館日]
土、祝日、12月29日〜1月3日

[受け取りまでの時間]
概ね一週間ほど

[メモ]
産業貿易センターに駐車場はない

○アクセス

①バスの場合

横浜市営バス 26番系統でバス停「大さん橋入口」下車後、徒歩1分    あるいは、
バス停「芸術劇場・NHK前」下車後、徒歩3分
※後者のバス停は何系統か通る

②電車の場合

みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口から徒歩5分
JR/横浜市営地下鉄 関内駅から徒歩10分


日本大通りのビルは重厚な造り。
このあたりは格式高い歴史ある建物が多く、歩いていると文明開化の音がする。

○申請に必要なもの

①戸籍謄本

前回申請時から氏名や本籍の都道府県に変更がある場合、損傷の程度が著しく顔写真や個人情報の判別が困難な場合は提出が必要(発行から6ヶ月以内のもの)

申請書に本籍地の住所を書く欄があるので、上記に当てはまらない場合でも住所を控えておくこと。

②パスポート用の顔写真

持参する場合は6ヶ月以内に撮影したものを。

現地で用意する場合は、パスポートセンターが入居している産業貿易センタービルに写真屋がいくつかあり統一料金で1800円を提示。


少し高いと思ったので、僕はお隣シルクセンターの写真屋に行ってきた。

シルクセンターに限らずこのあたりは「貿易」「通商」を感じられる独特の雰囲気でなんだか楽しい。


シルクセンターのこちらの写真屋では1100円で撮影してくれる。データ化などのオプションを付けなければ10分以内には終わるだろう。

店員のおじちゃんも親切だった。

③現在使っているパスポート

今のパスポートを使用不能にして新しいパスポートを作るので必ず持参のこと。

記念に保持したいという人は、申請すると写真のように使用不能の処理をした上で返してくれる。

④申請書

パスポートセンターに入場したらまずは申請書を受け取って項目を埋めていく。
特に難しいところもないが、本籍地の住所などは事前に確認しておくこと。


また、外国で生まれた人などは、自分が二重国籍に該当するか確認しておくことを勧める。
※日本の国籍さえあれば、二重国籍でもパスポートの発給には影響ない。出来上がったパスポートの国籍欄にも日本のみ書かれる。

○申請の流れ

パスポートの切り替えに来た旨を伝え、受付を済ませて①〜④を提出するだけ。

手続き完了後、受け取り開始日(概ね一週間後から)が書かれた紙をもらったら帰ってよし。

この紙は受け取りの際に必ず持参のこと。

○受け取りの流れ

パスポートセンターの隣で営業している雑貨屋の三洋堂(黄色い看板が目印)にて、神奈川県収入証紙2000円・収入印紙14000円(ともに10年用パスポートの料金)を購入して申請時にもらった紙に貼る。

その後受け付けし、紙の提出と簡単な問答を済ませると晴れて新しいパスポートがもらえる。


持ち合わせがない場合、産業貿易センタービルの裏にローソンがあるのでそこでキャッシングできる。


前のパスポートからデザインが変わり、和テイスト全開になっていた。

○まとめ

神奈川県パスポートセンター本所(横浜)でのパスポート切り替え手続きについて紹介した。

基本的に職員の方は親切なので、分からないことがあれば遠慮せず質問するべき。

発行まで最低でも一週間はかかるので、渡航日に間に合うよう早めに申請してください。


これからもためになる宿やお店の紹介、町歩きや旅行のテクニックに関する記事を書いていくので、読者登録やブックマーク、過去記事の閲覧を宜しくお願い致します。