【旅行記】卒業旅行35 カッパドキアの奇石群を見学する

世の中には自慢しかできない人種が存在する。
普通に自慢してくるならハイハイで流せますが、「不幸に見せかけた自慢」「謙遜してる風自慢」とかは面倒くさぇの一言ですねー

と、たつろうのネタを見て思いました。

やはりマウントとか取らず互いに心地良く過ごせる関係がベストですが、この競争社会じゃ難しいですかね?


↓↓前回の旅行記
www.sekainoasameshi.com



[Day31]

f:id:daigo520:20211101205028j:plain

夜明け前にどこかの町でバスを乗り換えることになり、絶望的な気分になってます。


今回使ったメトロ社はトルコで最も格式あるバス会社。

価格設定が高めな分サービスが素晴らしい・・・がウリみたいですが、色々ムダがありスタッフも気取っていて塩対応と、正直あまり良い印象を持ってません。



とりあえず・・・夜明けまで寝かせてくれ。

zzzz・・・



f:id:daigo520:20211101205430j:plain

目が覚めて最初に目に飛び込んで来たのが、カッパドキアの朝の風物詩・気球!

なんかD.Gray-manの一話みたいですね。
千年伯爵がAKUMA招集するシーン。


さて、カッパドキアは町の名前ではなく、奇石観光で賑わうエリアの総称。
僕は最もツーリスティックなギョレメという村に滞在しますが、バスが着いたのは近くのネヴシェヒルです。

ターミナル内の「ギョレメ行きのミニバスの係員と偽り、ツアーを売る輩」を屠殺し、無事にギョレメ行きの路線バスに乗り込みました。



f:id:daigo520:20211101210019j:plain

カッパドキアでは洞窟ホテルが有名みたいなので、僕も泊まってみることにしました。

洞窟ゆえに洗濯物は乾きにくいですが、洞窟なのだから仕方なかろうです。
スタッフに勧誘されたツアーもどこかチープですが、洞窟なのだから仕方なかろうなのです。


まぁカッパドキアはかなり広大なため個人で観光するには限界があります。

僕も大舟に乗った気持ちで、遠くの渓谷や地下都市を巡る通称グリーンツアーと、ベリーダンスのディナーショーを申し込みました。


シーラーズでペルポリツアーを申し込んだ宿のスタッフに比べると、ここのスタッフは訓練が足りない気がしますが、まぁ洞窟なので大丈夫でしょう。



f:id:daigo520:20211101210609j:plain

一仕事終えたので近くのレストランでお昼にします。
観光地価格なのはやむ無し。

ロンの命を救った石の如く干からびたケバブ数個と、ライスと二口とポテト数本で満腹になるか甚だ疑問ですが、そこに洞窟があるならノープロブレムなのです。



f:id:daigo520:20211101211127j:plain

f:id:daigo520:20211101211141j:plain

数年前に日本人女性が殺害される痛ましい事件が発生したものの、基本的にギョレメ中心部の治安は良好。

トゥーンタウンのように平和的な空気が漂っていると言っても過言ではありません。


f:id:daigo520:20211101211427j:plain

f:id:daigo520:20211101211442j:plain

また世界中から観光客が集まるためツアー会社にバス会社、商店まで揃っています。

もちろんツアー系はピンキリなのでそこは旅人の勘で、正解を見極めていきましょう。


小生、僭越ながら旅の心得があるので、ツアー選びには少々の自信があります。


f:id:daigo520:20211101211750j:plain

ギョレメ近くの洞窟教会などを巡るツアーとして通称レッドツアーが設定されています。

僕は基本的に自力で行けるところはマイペースに行動したいので、初日はツアーに参加せず徒歩で観光してみることにしました。



f:id:daigo520:20211101212029j:plain

f:id:daigo520:20211101212051j:plain

いやはや、世にも奇妙な光景ですね。

ご存知の通り僕はツーリスティックな場所があまり好きではないのですが、ここまでオンリーワンの景色を堪能できるのなら話は別です。

別です!



f:id:daigo520:20211101212609j:plain

ところで、トルコなのに洞窟教会があるのか?と思った方もいるかもしれませんが、実は4世紀頃にはキリストの修道士が洞窟を掘り住家としたとされます。


ジョージアの記事に登場した聖ニノという女性もカッパドキアの生まれとされますが、まさかこのブログの読者には「自分のPVを伸ばすために中身を見ないor形だけアクセスしただけでスターをつけるような人」はいないと思うので皆さん覚えていらっしゃるでしょうw


そういう輩は、収録が終了後ただちに帰宅し、ポケモンの基礎を学びなさい。



f:id:daigo520:20211101213210j:plain

そういう訳でギョレメ屋外博物館に来ました。

その名の通り、保存された洞窟教会が集まっている、カッパドキア観光のハイライト的な場所です。



f:id:daigo520:20211101213351j:plain

肝心のフレスコ画の写真ですが、ありません。
撮影禁止だったから・・・と信じたい。

記憶も曖昧なのは、この後ブルガリアで素晴らしい修道院やフレスコ画をたくさん眺めたからでしょう。



f:id:daigo520:20211101213539j:plain

何食わぬ顔で中国人ツアーの説明盗み聞きしてたら、普通にバレてガイドに怒られました。
テヘペロ。



f:id:daigo520:20211101213702j:plain

!?!?!?!?!?!?

21世紀の猫型ロボットか!?!?


世界遺産以前に中世の教会という神聖な場所に落書きがあるとも思えないし・・・


もしかして歴史を揺るがすような発見!?
ドラえもんは実在する!ドン!!ってなる!?

 

コテコテの観光地に来るという僕らしからぬ行動ですが、今のところはとても楽しいです。

そして今夜はベリーダンスのショー。
筋トレしてしっかり仕上げていきましょう。


後半に続く!


〜ご覧頂きありがとうございました。読者登録、過去記事の閲覧、SNSでのシェアをお願いします〜

\ジーパン×ショートカットは最高です!/