両津港「いさりび」のタレカツ丼がエゲツないボリュームだった件www

佐渡の玄関口たる両津港フェリーターミナル近く、庶民的な食堂「いさりび」の紹介です。

○About

f:id:daigo520:20211014230230j:plain

[住所]
新潟県佐渡両津湊139-4

[電話番号]
0259-27-6374

[営業時間]
9時半〜15時

[定休日]
日曜日


○アクセス

f:id:daigo520:20211014230508j:plain

両津港のフェリーターミナルから徒歩3分


両津港は小木港と双璧をなす佐渡の玄関口。

本土側の出発地が新潟駅近く(バスで15分ほど)のフェリーターミナルであることから、東京から新幹線や夜行バスを使う人は両津港inになることが多いと思います。



f:id:daigo520:20211014230736j:plain

上の写真の建物が並んでいる通りにあります。
迷う要素はまるでないはず。



○お店

f:id:daigo520:20211014231135j:plain

味よし!値段よし!が伝わってくるような典型的な優良食堂の雰囲気。

12時前には出張で来たと思わしきサラリーマンや、フェリーから出てきた観光客で店内は大賑わいです。

僕は混雑に巻き込まれないよう、フェリーを出たら速攻入店したので待ち時間0で食べられましたが、後発組は注文した飯が来るまで20分程度待っているようでした。

特にバスで佐渡を旅する場合、本数が限られているので、フェリーを出たら記念撮影や買い物の前に真っ先に入店することをオススメします。


www.sekainoasameshi.com

○料理

f:id:daigo520:20211014231826j:plain

ほとんどの定食が1080円とリーズナブルな値段で食べられますが、特筆すべきはこのタレカツ丼でしょう!

大きめのカツが3切れ乗って650円という驚異的なコストパフォーマンスです。

さて食べた感想ですが、甘辛いタレがカツと絶妙にマッチしていて旨い!
カツは大きい一方で一枚一枚は薄めなので、見た目の割にさくさく食べ進められました。
どちらかと言うと後からずっしり満腹感が来る感じ。
しっかり観光して夕食までにお腹を空かせましょう。

○おまけ

f:id:daigo520:20211014235103j:plain

両津港からそのままトキの森公園に行く場合、多くの人が使うであろう11時50分両津着のフェリーを想定すると、13時10分のバスで両津を出たいところ。

それを逃すと公園での滞在時間と次の目的地によっては、公園発の終バスを逃し、遠くのバス停まで歩くことになりかねません。

もちろんレンタカーや自家用車で旅する、ツーリングする、などの場合はその限りではありませんが、バス旅の人は是非ともご注意を。



f:id:daigo520:20211014235704j:plain

スムーズに食事を終えられた場合、バスまで40分くらいは時間があると思います。

その場合は両津の町を歩いたり



f:id:daigo520:20211014235805j:plain

新潟県および日本の離島で最大の湖沼である加茂湖を眺めた過ごしてみたら如何でしょうか?

今回僕は佐和田地区のPerchという大変素晴らしいゲストハウスに泊まりましたが、両津にも加茂湖を眺められるじんくというゲストハウスがあるみたいなので、次はこっちに泊まってもいいですね。


www.sekainoasameshi.com

○まとめ

タレカツ丼は新潟県のソウルフード。
旅の序盤にいきなり名物を食べられて良かったです。

他にも揚げ物や焼き魚の定食、丼ものにカレー、一品料理とわりかしメニューは豊富なので、また佐渡に行く時は先鋒いさりびを決めたいと思います。

大食漢の筆者が夜まで満腹になったタレカツ丼、ぜひお腹を空かせて、ご賞味あれ。