【旅行記】卒業旅行8 シューシュタルの水利施設と魅惑のバザール

清野菜名と結婚したい人生だった。


[Day8]


f:id:daigo520:20210919123745j:plain

素敵な一日の始まりは朝メシから。

見た目タンパクなラインナップですが、甘いジャムと濃厚な豆スープのお陰で実に味わい深い飯となっているのです。

ちなみに豆腐のようなものはチーズ。
イランの朝食では親の顔より見ます。



f:id:daigo520:20210919131641j:plain

色鮮やかな菓子がたくさん陳列されています。
イランに限らず酒を飲まないムスリムは甘い物を特に好んで食べる印象です。




f:id:daigo520:20210919131746j:plain

トラックの荷台に家畜が積まれています。
無茶な使い方をしてディーラーの方に迷惑かけないで頂きたいものですね。

人が乗っていたので写真は撮れませんでしたがトヨタ車もありましたし、雑貨屋ではカシオも売っています。




f:id:daigo520:20210919131806j:plain

こちらは人がいなかったので撮影。

僕も四月からメーカー社員です。
大学では中国語を修め、部活のオフで世界を旅したからには本当に間違いなく不可逆的に海外営業に配属されるでしょう。

世界を股にかけてexcellentな日本の製品を提供する。
今から武者震いが止まりません。




f:id:daigo520:20210919132417j:plain

無限月読の術が解けたところで、ここから画質良いSamsungのスマホを解禁します。

明らかに画質が向上したことが分かりますね。



f:id:daigo520:20210919132437j:plain

アメリカと敵対して悪の枢軸国だなんだ言われることも多いイランですが、当たり前のように子どもが平和に遊び、心優しい人々の生活が営まれています。

本当に当たり前のことなのですが、やっぱり現地を旅しないと肌では感じられませんよね。
所詮は僕もメディアの奴隷です。




f:id:daigo520:20210919132613j:plain

とは言えアフガンやイラク、パキスタンとの国境地帯は本当に洒落にならないので渡航は自粛します。

外務省の危険レベルも、あまり現地の事情を正確に反映してない場合とガチな場合がありますが、その場合は後者。

イラン→パキスタンの国境越え果たしたで!みたいなブログもたまに見かけますが正直あまり感心しません。




f:id:daigo520:20210919133026j:plain

そこら辺の国境を平和に通過できるとグンと旅しやすくなるんですがね。



f:id:daigo520:20210919133118j:plain

すごいディスプレイです。



f:id:daigo520:20210919133229j:plain

水利施設をチラ見。
今日は晴れていますし、午後はしっかり観光します。



f:id:daigo520:20210919133304j:plain


f:id:daigo520:20210919133314j:plain

水利施設が見えるレストランで早めの昼食。



f:id:daigo520:20210919133348j:plain

観光レストランだから少しお高めですがそれでも400円〜600円だから安いものです。

ちなみにイランの米はバターやオイルを投入して炊かれます。塩気があり、サラサラして旨いですが少し飽きてきましたね、、、




f:id:daigo520:20210919134101j:plain

腹が落ち着いたところで、水利施設に突入しましょう。
入場料は約500円ですが、昨日の交渉の末に顔パスで入場できます。




f:id:daigo520:20210919142116j:plain


f:id:daigo520:20210919142129j:plain

うん、この立体感、そして秘密基地感は堪りませんね。
水は濁っていても水利施設という箱物単体だけでも十分に満足できます。



f:id:daigo520:20210919142358j:plain

セルフィを求められたので快くOKしましたが、なんで写真取る時に真顔になるんだ・・・



f:id:daigo520:20210919142507j:plain


f:id:daigo520:20210919142524j:plain


いいですねーワクワクしますねー

中心部が工事で入れないため可食部は少ないのですが、少し歩いて角度が変わるだけで違った景色を堪能することができます。




f:id:daigo520:20210919142936j:plain

シューシュタルが属するフーゼスタン州は夏ともなると50℃を叩き出すほどの土地。
水の確保は必要不可欠です。



f:id:daigo520:20210919143217j:plain

そこで、イラン随一の大河であるカールーン川から水を引き、各所に水を流す必要がありました。

この水路網はカナートと呼ばれ、水利施設のみならずシューシュタルの町中全体に配置されています。




f:id:daigo520:20210919143555j:plain

また水の力を利用して発電や製粉も行われてきました。

この水利施設ができたのは三世紀。そんな時代にこんな技術の賜物が造られたなんて信じられません。




f:id:daigo520:20210919143959j:plain


f:id:daigo520:20210919144018j:plain


f:id:daigo520:20210919144030j:plain

頭を空っぽにしてこの巨大水利施設に見惚れるだけでも十二分に楽しめます。
シューシュタルはエスファハーンやシーラーズに比べるとマイナーな都市ですが、是非ともルートに組み込んで頂きたいですね。



f:id:daigo520:20210919144234j:plain

少し休んでから夕方の散歩をしましょう。



f:id:daigo520:20210919144256j:plain

コーヒースタンドの兄貴。
ちゃちいハーブを売りつけられそうになったので、もうこの店に行くのは止めておきます。



f:id:daigo520:20210919144348j:plain

おっちゃん達が熱心にパンを焼いています。




f:id:daigo520:20210919144407j:plain

見学してたら肉を挟んで焼き立てをくれた!!
ありがとう!!

でもレバー食えんくってごめんね・・・
パンは美味しく頂きました。



f:id:daigo520:20210919144455j:plain

昨日は揉めましたがもちろん良い人の方が多いのです。


f:id:daigo520:20210919144556j:plain

昨日バスターミナルへ行く時に気になっていたバザールを見学します。
まぁ歩き方にも記載がないようなバザールですし、そんな期待はできないんでしょうがね。








f:id:daigo520:20210919144709j:plain

yeah!


f:id:daigo520:20210919144728j:plain

yeah!!



f:id:daigo520:20210919144749j:plain

どんな観光施設よりバザールが楽しい。
Q.E.D.証明完了。



f:id:daigo520:20210919144914j:plain

ここシューシュタルはイラン南部の町。
もっと南下するとホルムズ海峡にぶち当たり、海を越えるとムサンダム半島(オマーン)やUAEが待っています。

土地柄、ホルムズ海峡に面したバンダルアッバースでは旨い海鮮が食べられるみたいですね。



f:id:daigo520:20210919145256j:plain

実は当初の予定だとマングローブや奇石観光を楽しめるケシュム島からイランの旅を始めようと思ってました。


結局は飛行機や船の予約に手こずりシーラーズをスタート地点としましたが、是非とも船でイラン入りしてみたかったですね。ロマンあります。



f:id:daigo520:20210919145632j:plain

完璧な構図だと自負している一枚。

・おっちゃんの顔
・ペルシャ文字
・中東のイメージを覆す色鮮やかなフルーツ

がポイントです。



f:id:daigo520:20210919145745j:plain

バザールが楽しすぎて財布の紐が緩んだのか、宿の近くでアイスを買うことに。



f:id:daigo520:20210919145823j:plain

甘くて美味しい。



f:id:daigo520:20210919145839j:plain

f:id:daigo520:20210919145850j:plain

水利施設は夜はライトアップされます。



f:id:daigo520:20210919145926j:plain

夜は昨日の昼を食べたファストフード店で。
店内はかなり広いです。

地元の学生グループや家族連れを眺めながらの食事は心を豊かにしてくれます。カップルは帰れ。



f:id:daigo520:20210919150025j:plain

なぜかイランの観光名所と食事についてまとめた小冊子を頂きました!ありがとうございます!!



充実の観光、優しいイラン人との交流と完全無欠な一日を過ごせました。
この幸せが続けば良いのですが、はてはて。



Best regards,

ベアー大熊