【旅行記】ネパール⑤ カトマンズで多宗教の魅了に酔いしれる

[Day5]


f:id:daigo520:20210523214327j:plain

f:id:daigo520:20210523214412j:plain

まずは朝メシ。

チベット料理レストランの「ウッツェ」に来ました。

カトマンズの観光の中心であるタメル地区でも最古参のレストランとのこと。

チベタリアン・ブレッドとジャガイモの炒め煮、チベット風ミルクティーで300ルピーと格安。

パンはモチモチとしており、ジャガイモもピリ辛で美味でした。


f:id:daigo520:20210523215356j:plain

ミルクティーは塩気があるので最初は戸惑いましたが、慣れたらイケました。

朝からお腹いっぱい。


f:id:daigo520:20210523215520j:plain

朝のタメル地区を散策します。
爽やかですね。


f:id:daigo520:20210524191124p:plain

チキン!

f:id:daigo520:20210523215936j:plain

観光スポットでもない普通の道にこんな宗教建築があるのだからたまりません。

ネパールはヒンディ教を国教とするのを廃止しましたが、依然として80%はヒンディ教信者です。


f:id:daigo520:20210523220156j:plain

民族楽器。
5000ルピーはわろた。

こんなの買う人いるんですねw


f:id:daigo520:20210523220337j:plain

朝の街歩きはいいものです。

この辺の行動スタイルはこの時から変わってませんね。


f:id:daigo520:20210523220520j:plain

f:id:daigo520:20210523220539j:plain

歩き疲れたので小休止。

日本人が経営してる「ちくさ」に来ました。

アイスコーヒーの氷がコーヒーでできているので、最後まで薄くならずに楽しめます。


f:id:daigo520:20210523220640j:plain

買ってしまった。

当時の僕が何を考えていたか全く理解できません。

一応3000ルピーから値切ったみたいですが・・・

余談ですが帰国して1週間くらいで弦が切れました。



f:id:daigo520:20210523220829j:plain

スーパーを見学。

うーん、当時から僕が好きな場所はスーパー・市場・下町・田舎だったんですね。


f:id:daigo520:20210524181310j:plain

やはり食材を見るとその国の文化や生活が分かりますからね。
下手な博物館よりよほど勉強になる訳ですよ。


f:id:daigo520:20210524181443j:plain

キッコーマンがありました。
転職したい企業トップ5に入ります。



f:id:daigo520:20210524181601j:plain

どこを切り取っても絵になります。


f:id:daigo520:20210524181623j:plain

地理的にもチベットとの関わりが強いネパール。
チベット行きたいですね〜


f:id:daigo520:20210524181659j:plain

野外洗濯場。
こういう場所は大好きです。

daigo520.hateblo.jp



f:id:daigo520:20210524182626j:plain

この雑踏にも慣れてきました。


f:id:daigo520:20210524182659j:plain

f:id:daigo520:20210524182731j:plain

地球の歩き方に載っているタカリ・バンチャでランチ。

またしても肝心のダルバートの写真が消えている、、、

味は中の上でした。


f:id:daigo520:20210524182853j:plain

アイスチャイをしばいて休憩。


f:id:daigo520:20210524182914j:plain

ダルバール広場に来ました。
カトマンズ観光のハイライトです。

余談ですが、先ほどのアコギな楽器を3000円で買ったというツイートと、この写真のお姉さん可愛いというツイートをしたところ、処理がバグってお姉さんを3000円で買ったという外道なツイートになりました。



f:id:daigo520:20210524183315j:plain

ダルバールはネパール語で宮廷の意味。

寺院や昔の王宮が立ち並び、ネワール芸術の極致を堪能できます。

入場料は確か1000ルピーくらいで、数日間有効でした。


f:id:daigo520:20210524185052j:plain

f:id:daigo520:20210524185120j:plain

f:id:daigo520:20210524185303j:plain

いいっすね〜

ここまで強烈に異宗教を感じたのは中二の時に行ったアンコールワット以来です。


f:id:daigo520:20210524185449j:plain

カーラ・バイラヴ

シヴァ神の化身で、この像の前で嘘をつくと死ぬと言われています。

筆者は今の職場に満足しています!(ここで日記は途切れている)


f:id:daigo520:20210524190010j:plain

大満足の見学となりました。
体力も尽きてきたので、そろそろ戻りましょう。


f:id:daigo520:20210524190102j:plain

有名なバザールのインドラチョークを冷やかしながら宿に向かいます。


f:id:daigo520:20210524190208j:plain

f:id:daigo520:20210524190225j:plain

f:id:daigo520:20210524190239j:plain

庶民の活気爆発、という感じで歩いていてこっちまでワクワクします。

f:id:daigo520:20210524190341j:plain

f:id:daigo520:20210524190352j:plain 

有名な軽食スタンドで休憩。
ここまでブログを読んでくださった方にはバレていると思いますが、筆者はポテトがめちゃくちゃ好きです。


f:id:daigo520:20210524190450j:plain

最後まで楽しい街歩きでした。


f:id:daigo520:20210524190516j:plain

夕食は朝に続いてウッツェへ。

モモのスープとフライドライスを食べました。
やや薄味でしたが美味しかったです。



ヒンディとチベット、2つの文化を堪能できた良き一日でした。