【旅行記】金沢・白川郷⑨21世紀美術館で精神を破壊される 後編

スイミング・プール
レアンドロ・エルリッヒ作。
水面を挟んで鑑賞者同士がコミュニケーションをとる視聴者参加型の作品。

f:id:daigo520:20210512203521j:plain

恐らく21世紀美術館で一番有名な展示でしょう。
幸か不幸か、今はコロナ禍。繁忙期は3時間もあるみたいですが、僕は20分待ちで済みました。

f:id:daigo520:20210512211046j:plain  

さて、21世紀美術館も感染対策はしっかりしているので、一度にプールに入れる人数も制限されています。

観察した感じですと3〜5人と言ったところでしょうか。
僕の前には2組のカップルが並んでいるので、恐らく僕は次の回になるでしょうね。

係員「それではこちらの方までご入場くださーい」









カップルA(マイルドヤンキー系)
カップルB(スクールカースト上位系)
筆者

??????



いやね、1つ前のグループは2人組✕2の4人チームだったんですよ。何故カップル2組の中に僕をぶち込むのか。

縋るような僕の目線に気付いたのでしょう。
係員は僕の後ろに並んだ1人旅の女性(ここ、伏線になります!)に入場するよう促したので、カップルABと僕によるスリーマンセルでの任務にはなりませんでした。

安心したところで、いよいよ入場です。



f:id:daigo520:20210512233103j:plain

おお、本当に水の中にいるような感覚を味わえますね!

ところで、スイミング・プールは映えレベル10のスポット。多くの人が奥のハシゴの所で記念撮影を楽しみます。僕も行ってみましy

マイルドヤンキー♂「ウェ~イwwwww」
マイルドヤンキー♀「ちょっと、たっくーんwww」
僕「ぁっぁぁ・・・」 
マイルドヤンキー♂「写真撮ってくれないっスか!」
スクールカースト♂「もちろん!」
スクールカースト♀「次は私達もお願いします!」
僕「ぁぅぁぅぁ・・・」






f:id:daigo520:20210512220248j:plain
↑元カノが筆者に似ていると言っていたクマ




これが映画なら、同じく1人旅の女性とのロマンスが・・・となるのでしょうが、母親世代とお見受けするので何もなし。プールの中には5分滞在可能ですが、ものの1分で地上に帰還しました。

f:id:daigo520:20210512220654j:plain

もう筆者の体力はゼロですが、せっかく1000円もするチケットを買ったので、もう1つの企画展「日常のあわい」を見学することにしましょう。

日常をテーマにしているだけあって、きっと「スケールス」よりは理解しやすいはずです!

f:id:daigo520:20210512233152j:plain

作者の義母が蓋の代わりに使ったものを撮影・展示してあります。
無くしたもの・壊れたものを代用品で補うことは僕もあるので、確かに「スケールス」に比べたら親しみやすい展示ですね。

この調子で、どんどん見て回りましょう!





f:id:daigo520:20210512222038j:plain

え?



f:id:daigo520:20210512222246j:plain

お、おう・・・





f:id:daigo520:20210512233331j:plain

ぐにぃぃィィ

f:id:daigo520:20210512233351j:plain

f:id:daigo520:20210512222816j:plain

f:id:daigo520:20210512222939j:plain


「笑い声をあげながら運動する少女の映像が、6枚のスクリーンからひたすら流れ続ける暗室」に閉じ込められた直後なので、この頃には何とか目の前の展示を解釈しよう、という意思すら薄れております。



f:id:daigo520:20210512223820j:plain

これはちょっとカッコ良かった。


さて、企画展は一通り見学できたので、常設の展示を見て帰りますかね・・・


f:id:daigo520:20210512224500j:plain

おお!マッチングアプリで何回も見たことがある椅子だ!「背中に翼を生やせる壁」「ドラえもんミュージアムのどこでもドア」と並んで、女性会員のプロフィール写真の代表格でしょう。


現実との接点を見つけることで、脱出できるだけの体力を確保できました。


f:id:daigo520:20210512224913j:plain

f:id:daigo520:20210512225941j:plain

f:id:daigo520:20210512230014j:plain



こんな感じの21世紀美術館でした。

念のためフォローすると、21世紀美術館は素晴らしい場所です。真の美術好きには堪らないでしょう。
ただ、僕が美的センスに乏しく、近代美術の楽しみ方を知らないだけなのです・・・



あー。



あー。






f:id:daigo520:20210512230815j:plain

f:id:daigo520:20210512230844j:plain

f:id:daigo520:20210512230910j:plain

21世紀美術館で味わった敗北感、彼女への未練、明後日からの仕事への憎しみを酒で洗い流します。
コロナ禍で酒を飲む機会が激減したので、レモンサワー4杯でベロベロベロです。
そろそろ宿に戻りましょうか。


「君!これを飲んでみてくれ!」

f:id:daigo520:20210512231136j:plain

常連さんから日本酒のおでんダシ割を頂きました!ご馳走様です!

入社一年目の研修で八戸に行った時も隣に座ったおっちゃんにホヤをご馳走になりましたが、旅先での交流にはいつも心が温かくなります。

f:id:daigo520:20210512231442j:plain

この後、さらに熱燗もご馳走になりました。
常連さん、本当にありがとうございました。
※あまりにベロベロで、この写真を撮った記憶が全くない、、、


何とも脈絡のない一日となりましたが、いよいよ明日が旅行最終日です。


お目汚し失礼致しました。